木野寿久税理士事務所


平日 9:00〜18:00
メニュー

解散及び清算の事業年度について(株式会社等と合名会社、合資会社、合同会社との違い)【法人税】

2022/6/3

はじめに 豊橋市の関与先も受託可能な 浜松市の木野寿久税理士事務所です。   さて、 法人が解散をした場合の事業年度は、 株式会社等(株式会社、有限会社)と 持分会社(合同会社、合名会社、合資会社)で取扱が異な […]

株式の相互持合について。会社法の議決権との関係は?

2021/8/9

会社法第308条の相互保有対象議決権について説明しています。相互に株式を保有していた場合の議決権は、100%、100%未満で25%以上、25%未満により異なりますが、詳しく説明していると思いますのでご覧ください。

PageTOP
Copyright © TOSHIHISA KINO Tax Accounting Office. All rights reserved.