木野寿久税理士事務所


平日 9:00〜18:00
メニュー

浜松市、豊橋市にお住まいの相続人の方からの相続税の申告を承ります!

2021/4/7

相続人の方が浜松市、豊橋市にお住まいで 被相続人(亡くなられた方)が遠方にお住いのケースがあると思います。 相続人代表者(相続に関して窓口となる人)が 浜松市、豊橋市にお住まいであれば 相続税の申告を承ることができます。 木野寿久税理士事務所☎053-440-5559までお問い合わせくださ

続きを読む

弥生会計を推奨しています。

2020/8/20

浜松の税理士の木野寿久です。 豊橋も受託可能です!   さて、 木野寿久税理士事務所では、弥生会計を推奨しています。 ご購入を検討されている方は、 木野寿久税理士事務所☎053-440-5559までお問い合わせください。

続きを読む

所得税のおける扶養親族などの年齢による判定及び年齢計算ニ関スル法律【所得税】

2022/5/26

はじめに 所得税の確定申告のご依頼を受けて 扶養控除などを判定する際に 以前から疑問に思っていることがありました。   ============== 年齢計算についてです。 ==============   例えば、 扶養控除について その年の12月31日の

続きを読む

金の売却による総合課税の譲渡所得の計算と金価格の推移【所得税・消費税】

2022/5/24

はじめに 関与先のお客様で金投資をされていらっしゃる方がおられまして 2021年分の所得税の確定申告で 金の売却の総合課税の 長期譲渡所得の申告を致しました。   売却後の金価格の上昇はございますが、 関与先様の年齢など長期的に見て絶妙なタイミングで金を売却されたのではないか

続きを読む

固定資産取得の借入金の利子(個人の場合)【所得税編】

2022/5/17

はじめに 固定資産を購入するにあたり、 借入金により資金調達をした場合の 借入金の利息の取扱で ●法人である場合(法人税) ●個人である場合(所得税) を考えていくことなりました。 前回は、法人の場合(法人税)について考えましたが、 今回は、個人の場合(所得税)をみていきます。 &

続きを読む

固定資産取得の借入金の利子(法人の場合)【法人税編】

2022/5/16

はじめに 固定資産を購入するにあたり、 借入金により資金調達をした場合の 借入金の利息の取扱で ●法人である場合(法人税) ●個人である場合(所得税) を考えていくことにします。 まずは、法人の場合(法人税)についてみていきます。   固定資産の取得 の借入利息の取扱の

続きを読む

「お客様本位の業務運営方針(FD宣言)」を作成する前に、これを読んだほうが良いかも?

2022/5/12

木野寿久税理士事務所は、保険代理店も兼ねております。 作らなければいけないと思いながらもそのままになっていた 保険代理業におけるお客様本位の業務運営方針(FD宣言)を作ることにしました。 FD宣言を作って、印刷して保管しておけば、よいそうです。   WEBを拝見すると、 規模が

続きを読む

司法書士の先生の消費税の理屈と計算及び登録免許税・印紙税の会計処理の取扱【消費税】

2022/5/10

はじめに 司法書士の先生は、登録免許税又は印紙税の金額が 人件費、家賃と共に大きな金額なのではないでしょうか?   そこで、 司法書士の先生がご自分の事業の取引の仕訳を入力するときに お客様に請求書の登記の印紙代を立替金として区分経理するのか? それとも、 立替金として区分

続きを読む

ペイントでサムネイルをつくる(背景色に文字を入れる)【Microsoftのペイント】

2022/4/29

はじめに 自社ブログやTwitterなどで 閲覧されている方に 内容を端的に表現し、 わかりやすく 気をひいてもらうために サムネイルを簡単に作ってみたいと思いました。     他にもやり方はあると思いますが、 とりあえずといった感じでご覧ください。 &nb

続きを読む

美術品等の減価償却の取扱(耐用年数と判定金額の消費税等)【法人税・所得税】

2022/4/27

まえがき 今回は、美術品等の減価償却の取扱で 耐用年数と 金額の判定は税抜なのか?税込なのか? を書いていきます。     美術品等の木野寿久税理士事務所のブログのリンクを 下に貼っておきますので 相互にご参照くださいませ。   木野寿久税理士事務

続きを読む

美術品等の減価償却の取扱(特例的な取扱)【法人税・所得税】

2022/4/26

まえがき 今回は、美術品等の減価償却の取扱で 特例的な取扱を書いてみました。   この記事も書いていくうちに長くなってしまったので 細切れにアップしていきます。 美術品等の木野寿久税理士事務所のブログのリンクを 下に貼っておきますので 相互にご参照くださいませ。 &nbs

続きを読む

美術品等の減価償却の取扱(原則的な取扱)【法人税・所得税】

2022/4/22

まえがき 平成26年(2014年)12月19日に法人税基本通達通達などの一部が改正され、 平成27年(2015年)1月1日以後から一定の美術品等について減価償却することができるようになりました。 ブログを書いているのが、2022年4月なので、7年前の改正になりますが、 深堀して記事を書かれて

続きを読む
PageTOP
Copyright © TOSHIHISA KINO Tax Accounting Office. All rights reserved.